過走行車や年代車の売却について

過走行車、年代車。
走行距離が10万キロを超えている車や、
年式が初年度登録から10年以上経過している車のことですね。

一般的にはこのような車は「査定額がつかない」
と言われているので、そのまま処分してもらう方が多いです。しかし、査定額がつかない。
なんてのはちょっと昔の話であり、
最近では普通に査定額がつくようになってきています。

 

その理由として挙げられるのが、

海外での需要の増加

車を長く乗る人が増えた

です。

海外では、20万キロ走行している車なんてあたり前。
どんなにボロくても安く購入して長く乗る。
なんて考え方なんですね。

なので日本では寿命と言われている車の状態であっても、
海外では平気で購入されます。

そして日本でもそのような考え方が最近増えてきており、
過走行車や年代車などの車を安く購入し、
修理をしながら長く乗り続ける。
という人が増えているんですね。

なので昔では査定額がつかないような車であっても、
今では普通に買い取ってくれるんです。

より高く年代車・過走行車を売ろう!

普通に買い取ってくれる業者が増えたと言っても、
やはり売るなら高く売りたいもの。

各業者によって販売ルートも違いますので、
特に年代車や過走行車の場合、査定額にバラつきができます。

そこで利用したいのが「オンライン一括査定」です。
複数の業者に見積もりを取ってもらうことができるサービスであり、
ネットだけで無料でできますので、どこの業者が自分の車を高く買い取ってくれるのかが、
簡単に分かります。

一括査定も色々な種類がありますが、中でもオススメしたいのが「ズバット車買取比較」です。
知名度からも信頼できますね。

車査定比較.com 鉄板です!




sateibotan


サブコンテンツ

このページの先頭へ