出張買取での交渉テクニック

一括査定にて買取業者を絞り込みましたら、その次は出張買取となります。
出張買取では自宅での査定となりますので、交渉も自分のペースに持ち込みやすくなります。

テクニックとしましては、

・他の業者にも見積もりを取ってもらっていると言う
・いつまでに売却する予定か伝える
・下取りではいい価格がつかなかったと伝える

 

他の業者にも見積もりを取ってもらっていると言う

他の業者に見積もりを取ってもらっていると伝えれば、
必ず他社の見積もり金額を聞かれます。

そして他社の見積もり金額を答えると、
「ではその価格の+〇円で」
というような流れになりますので、
効果的かつ簡単にできるテクニックとなっています。

 

いつまでに売却する予定か伝える

いつまでに売却する予定かを伝える方法は、
売却の意思が伝わりやすく、買取業者もやる気を出します。

というのも、査定は無料となっていますので、
試しに査定してもらう。
という人が多く、売却する意思もないのに出張査定を依頼する人も多いです。

このようなことからも、売却の意思を明確に伝えることによって、
買取業者もやる気がでてくるとともに、
いつまでにという期限をつけることによって、相手を焦らす効果もあります。
車売却までの流れを下記のページで解説しています。
>>車買取までの流れ

 

下取りではいい価格がつかなかったと伝える

下取りではいい価格がつかなかったと伝える。
というのは、買取業者は下取りの価格と張り合いたい心理を利用します。

これはなぜかといいますと、買取業者は車を買い取り、
それを販売することによって利益を得ます。

つまり買取することによってその業者が成り立っているのですが、
ディーラーはそうではありません。

ディーラーは車を販売することによって利益を得るので、
買取業者は、ディーラーの下取り価格に負けられないのです。車を売却する1番多い理由が買い替えです。
下取りで買取業者より高い価格をつけられると、
みんなが下取りに出しますので、買取業者が成り立たなくなってしまいます。
ですのでこの方法は効果的だといえます。
サブコンテンツ

このページの先頭へ